2016年7月19日火曜日

【実践・求人探し】転職面接で落ちた人には「強み」がある!次の面接の前にやっておきたいこととは?(その1)



転職活動中に「お祈りメール」が届くと、心が折れそうになりますよね…。

これは保育業界に限ったことではなく、きっと他の業界でも同じことが言えるのではないでしょうか。



「もしかして、保育士には向いていないのかなぁ…」

「また失敗しちゃった…。次も断られるかもしれない」

と落ち込んでしまう保育士さんがほとんどだと思います。



でも、そう思うことはありません!

たとえ、面接で落とされたとしても、それはあなたが保育士に向いていないのではなく、あくまで「その保育園と合わなかっただけ」なのです。

保育士としてのあなたを否定されたわけではないんですよ。


転職=彼氏探し?!


カンタンにいえば、面接は「彼氏探し」のようなものなのですから。



瞬間的に「一目惚れ」することもあれば、どれだけ向き合ってもお互いにしっくりこないことがあります。それも求人に応募する数を増やしていくことによって、自分とピッタリな保育園、しっくりこない保育園が見えてくることがあります。



今回は、面接がうまくいかなかった人の不採用体験から、面接に失敗した経験の活かし方をご紹介していきます。



転職面接に落ちたら、何をすべきなのか…? 

自分にピッタリの保育園を探すためには「自己分析」


「お祈りメール」を受け取った人だけが持つ強みがあります。それは、「お祈りメール」が自分に合わない保育園を教えてくれたという経験です。

まずは、どんな保育園なら自分と相性がいいのだろうかと考えながら、理想でかまわないので、ノートに書き出していきましょう。



なかには「相性がしっくり来なかったワケじゃなくて、面接がうまくいかなかっただけ」と思っている方もいることでしょう。

そうであれば、次に面接を受ける保育園では、「この保育園でずっと働いていきたい!」と思える保育園を探してみませんか?なかには、転職面接で園長先生と話が弾んで、笑いが絶えない面接で「即採用!」をいただいたというエピソードがあるくらいです。



適度に休憩、気分転換を 

転職面接したのに「お祈りメール」が届いてしまうと、のんきに休憩していられない!と焦る自分にカラ元気で次に向かいたくなります。しかし、これは逆効果になることが少なくありません。ここで無理をしてしまうと、転職活動中に「燃え尽き症候群」に襲われる可能性さえあるのです。



転職面接後に「お祈りメール」が着てしまったら、まずは自分に「お疲れさま」とねぎらってあげるようにしましょう。頭の中をリセットするために、好きな食事を取ってみたり、お風呂やサウナでゆっくりと身体を癒したりするのも効果的です。

著者

都内で保育士をしています。

最初に勤めていた保育園が本当にブラックで、一時期「保育園恐怖症」のような感じになっていました。1人でも、自分のような保育士さんがへりますように・・・たくさんある後悔のなかから、「こうすればよかった」と思えることをご紹介していきます。

明日の仕事も楽しみだな、早く子どもたちに会いたいな、そう思える保育士生活にしていきましょう!

まとめ



とはいえ、人間ですから、落ち込んでしまうのはしかたありません。

この失敗を引きずらないように、次の保育園に応募する前には、リフレッシュして新たな気持ちで臨むことを心がけましょう。

次回は、引き続き面接におちたときにやっておきたい「とっておきの方法」 をご紹介いたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿