2016年7月22日金曜日

保育士にとって大切な「笑顔」を守るためにストレス解消をしよう【後編】

前回は、保育士さんのストレス解消法についてご紹介してきました。今日は引き続き、私のおすすめのリフレッシュ方法などをご紹介していきます。

リフレッシュなんて、時間もお金もないよ!という保育士さんの解決法もありますので、ぜひ見てみてくださいね。

 

一泊だって大丈夫、近場でお泊りも手軽でオススメ

中々休みが取れない…そんな保育士さんにオススメなのは一泊お手軽旅行です。

旅行だからといってわざわざ遠出をする必要はありません。近場なら仕事が終わってからだって行けるので、1日休みしかなくても大丈夫。

近場だからこそ出掛けた事のない温泉やテーマパークってありますよね。

一人でもいいですが、近場だからこそ学生時代の友達を誘ってみるのもいいですよ。素敵な時間を過ごして気分転換をすればストレス解消になりますね。


おさいふが心配な方は

保育士さんの中には収入で悩んでいらっしゃる方もいると思います。お給料のやすさが問題になっている職業ですから、リフレッシュするにも、出来ればお金がかからない方法がいいですよね。

そんな保育士さんに、私が普段行っている節約リフレッシュ術をご紹介します。

割引制度を賢く利用する

働いている保育園の運営元の企業の、福利厚生を調べてみてください。意外と知られてないけど、「これはつかえる!」という割引制度が見つかることもあります。

転職を考えてらっしゃる保育士さんは、この福利厚生を判断基準に加えても良いかもしれませんね。リフレッシュのために毎月固定でかかるお金を節約できれば、実質的に収入がアップしたのと同じくらい効果があります。

そのほかにも、加入している健康保険に割引サービスがたくさんついているものも。特に保養所については、普通の旅館に泊まるよりかなりお得に泊まれることもあります。

習い事などの年会費や入会金が割引になるものもありますので、ぜひ一度調べてみてくださいね。


そもそもストレスを貯めないために

色々なストレス解消法がありますが、まずはストレスを貯めないことが大切です。

仕事上で明らかに自分のミスで叱責されることは、もちろんきちんと反省をして次に生かすことが大切です。

しかし必要以上の叱責でストレスを貯めることは必要ありません。

叱責が続く場合は、叱責されたことをストレスとして貯めてしまうより、「そんなに自分を想って怒ってくれるのか」や「上司にも嫌なことがあったのかな」「昔は上司も同じことで怒られたんだろうな」など発想の転換で聞き流してしまうことも良い解消法です。






著者

都内で保育士をしています。

最初に勤めていた保育園が本当にブラックで、一時期「保育園恐怖症」のような感じになっていました。1人でも、自分のような保育士さんがへりますように・・・たくさんある後悔のなかから、「こうすればよかった」と思えることをご紹介していきます。
明日の仕事も楽しみだな、早く子どもたちに会いたいな、そう思える保育士生活にしていきましょう!

まとめ

いかがでしたか。

仕事は忙しくてもやりがいがある。可愛い子どもたちの為に頑張ろう!
と根を詰めてしまい、気付けば体調が悪化していた・・・なんてことになっては大切な子どもたちと遊べなくなってしまうことだって考えられます。

だからこそ、自分なりにストレス解消方法を見つけて、気持ちを切り替えることが出来ればさらに楽しく仕事に取り組めること間違いなしです。

2016年7月21日木曜日

保育士にとって大切な「笑顔」を守るためにストレス解消をしよう【前編】

子どもの保育だけでなく、保護者の対応、同僚との関わりなど保育士は職場の中で様々な人間関係の構築を求められます。

人同士のかかわりでは時として精神的な負担を感じることもあります。

ですが、そのストレスをためてしまうことで、本来は一番きちんとしなければならない子どもへの対応に影響を与えてしまう事は避けなければなりません。

しかし、そのストレスを我慢して堪えてしまうと体調を崩してしまうことも考えられます。

社会的に問題とされているうつ病などの精神病を病んでしまう前に、ストレスと上手に付き合うことが大切です。

 

オンとオフをしっかり使い分けることが大切


保育士にありがちなのが、休日も持ち帰りの仕事をしていて休んだ気がしない・休日出勤が多いなどでストレスが溜まっていくことです。

そんな時は半日でもいいので、自分なりのリフレッシュ方法を見つけるのがオススメです。

例えば、買い物も、近所に行くのではなく少し離れた場所へ行くだけで、同じ物を買うのでも気分が全く変わります。

新しいショップの発見だってあるかもしれませんね。

近所だと園児や保護者にばったり、ということもありますが(もちろん、それはそれで嬉しいですが)少し距離が離れるだけで自分の時間をしっかり満喫出来ますよ。

先生ではなく、一人の人間としての時間を楽しめることがストレス解消に繋がります。


体のケアも忘れずに

保育士は何かと体力勝負です。

パワー全開な子どもたちと全力で遊んで、子どもたちのめいっぱいの要求に応じているのですから、休みの日はそんな自分自身のケアをしっかりしたいですね。

やはり一番は体のケアです。これは男性保育士にも言えますが、日々の酷使している体のケアはしっかりしたいですよね。

手軽に出来るストレッチやヨガ、岩盤浴や温泉もオススメです。腰痛や肩こりなど症状がある人は、マッサージなどに通うのもいいですよ。

リフレッシュするためにエステで全身マッサージしてもらうとリンパの流れが良くなり、体調改善に役立ちます。

自分自身へのご褒美としてケアをしっかりすれば、ストレスも解消となりまた翌日からの保育業務が頑張れますよ。


副業でリフレッシュ

副業 が禁止されていない保育園であれば、趣味のスキルを副業として活かすことも出来ます。

今では、自宅からできる仕事を集めたサイトもたくさんありますので、のぞいてみてください。
 例えば、デザインをしたり、文章を書いたり、調べ物をしたり・・・というお仕事があります。

しかし、副業にのめりこむあまり、お休みの日に疲労がたまって・・・というのは本末転倒ですので、量の管理だけは気をつけてくださいね。

また、保育園で副業が禁止されているのに副業をする・・・というのは避けましょう。最悪の場合、解雇されてしまうこともあります。事前に保育園の規則をチェックしておくことが大切ですね。


著者







都内で保育士をしています。

最初に勤めていた保育園が本当にブラックで、一時期「保育園恐怖症」のような感じになっていました。1人でも、自分のような保育士さんがへりますように・・・たくさんある後悔のなかから、「こうすればよかった」と思えることをご紹介していきます。
明日の仕事も楽しみだな、早く子どもたちに会いたいな、そう思える保育士生活にしていきましょう!

まとめ(次回に続きます!)

いかがでしたか?

これなら時間やお金の心配せず、しっかりとリフレッシュができる!というものは見つかったでしょうか。

次回も引き続き、私がおすすめしたいリフレッシュ方法をご紹介します。

2016年7月20日水曜日

転職面接で落ちた人には「強み」がある!次の面接の前にやっておきたいこととは?(その2)


前回は、面接に落ちてしまった時のリフレッシュ方法についてご紹介しました。

どんなに我慢強い保育士さんだって人間ですから、少しは落ち込んでしまいますよね。

しっかりとリフレッシュができたら、次の面接の準備をしていくために動いてみましょう。

面接に落ちたときほどチャンス、といいますが、具体的にどのように動けば良いのでしょうか?実際に面接に落ちた保育士さんが「やってよかった!」と思ったことを集めてみました。 


面接にはシミュレーションをしてから臨む


失敗したとはいえ、転職面接でどのようなことを質問されるか、どのような雰囲気なのかという傾向をつかむことができたのではないでしょうか。

実は、質問内容な雰囲気をつかんだことが、そのままあなたの強みにつながるのです。



次に応募する保育園では、この質問にはこう答えようというシミュレーションをしておきましょう。それによって、いざ本番に臨んだときに頭を整理して質問に答えられる余裕が生まれ、緊張を和らげることができるでしょう。



転職中の仲間と情報交換をしよう!


転職中に仲間と情報交換をすることは、意外に重要です。学生時代の友人、保育士になってから知り合った仲間と、積極的に話す機会を持つようにしましょう。「お祈りメール」をもらったばかりだと、転職活動をしていることを相談しにくいこともあるかもしれません。けれども、仲間にそのことをありのままに打ち明けることで、自分では気づかなかった意外なヒントをもらえることが少なくありません。さらに、転職活動がうまくいかないときこそ、保育業界に明るい仲間と話すことは、転職への強いモチベーションにつながるのです。



なかでも、最新の保育業界のトレンドや、どのような保育士が採用されやすいのかなど「生きた情報」を、仲間たちから積極的に仕入れておきたいものです。



さらに、最近では保育業界に関するニュースが多く流れるようになりました。事前にこれらのニュースをチェックしておき、保育業界の時事ネタも話せるようにしておくといいでしょう。


転職情報がなかなかキャッチ出来ない!そんな時は

まわりに転職する保育士さんや転職経験のある保育士さんがいない・・・という場合もありますよね。
 我流でやるのも良いですが、そうするとどうしても「思い込み」などにひっぱられて、転職のときの「あたりまえ」にきづけないこともあります。初めての転職などの場合には、こういった「思い込み」からの失敗がよくあります。

周りに相談や質問ができる人がいないという保育士さんは、転職サービスをつかってみるようにしましょう。ハローワークや転職サイトには、転職に便利な情報があふれています。また、最近では、転職を思いついた時から、保育園にはいって働き出したあとまで、アドバイザーの方がついてサポートしていただける、という転職サービスも多くあります。

周りのものを賢くつかって、転職を成功させていきましょう。

著者

都内で保育士をしています。

最初に勤めていた保育園が本当にブラックで、一時期「保育園恐怖症」のような感じになっていました。1人でも、自分のような保育士さんがへりますように・・・たくさんある後悔のなかから、「こうすればよかった」と思えることをご紹介していきます。
明日の仕事も楽しみだな、早く子どもたちに会いたいな、そう思える保育士生活にしていきましょう!

まとめ


子どもたちや保護者、同僚の保育士など、保育士の仕事には「人と人とのかかわり」が大切です。そのため、保育士の転職活動では、応募書類よりも、実際の面接で「保育士の人間性」を注意深くみられる傾向があります。



「この人は、子どもたちの前で、どのような保育をするのかしら?」



きっと園長先生をはじめ面接する側は、このような基準を中心に先行していくことになります。



あらかじめご紹介したような対策とリフレッシュをして、正直で偽りのない自分で転職面接を受けられるように準備しておきましょう。

2016年7月19日火曜日

転職面接で落ちた人には「強み」がある!次の面接の前にやっておきたいこととは?(その1)



転職活動中に「お祈りメール」が届くと、心が折れそうになりますよね…。
これは保育業界に限ったことではなく、きっと他の業界でも同じことが言えるのではないでしょうか。

「もしかして、保育士には向いていないのかなぁ…」
「また失敗しちゃった…。次も断られるかもしれない」
と落ち込んでしまう保育士さんがほとんどだと思います。

でも、そう思うことはありません!
たとえ、面接で落とされたとしても、それはあなたが保育士に向いていないのではなく、あくまで「その保育園と合わなかっただけ」なのです。
保育士としてのあなたを否定されたわけではないんですよ。

転職=彼氏探し?!

カンタンにいえば、面接は「彼氏探し」のようなものなのですから。

瞬間的に「一目惚れ」することもあれば、どれだけ向き合ってもお互いにしっくりこないことがあります。それも求人に応募する数を増やしていくことによって、自分とピッタリな保育園、しっくりこない保育園が見えてくることがあります。

今回は、面接がうまくいかなかった人の不採用体験から、面接に失敗した経験の活かし方をご紹介していきます。

転職面接に落ちたら、何をすべきなのか…? 

自分にピッタリの保育園を探すためには「自己分析」

「お祈りメール」を受け取った人だけが持つ強みがあります。それは、「お祈りメール」が自分に合わない保育園を教えてくれたという経験です。
まずは、どんな保育園なら自分と相性がいいのだろうかと考えながら、理想でかまわないので、ノートに書き出していきましょう。

なかには「相性がしっくり来なかったワケじゃなくて、面接がうまくいかなかっただけ」と思っている方もいることでしょう。
そうであれば、次に面接を受ける保育園では、「この保育園でずっと働いていきたい!」と思える保育園を探してみませんか?なかには、転職面接で園長先生と話が弾んで、笑いが絶えない面接で「即採用!」をいただいたというエピソードがあるくらいです。

適度に休憩、気分転換を 

転職面接したのに「お祈りメール」が届いてしまうと、のんきに休憩していられない!と焦る自分にカラ元気で次に向かいたくなります。しかし、これは逆効果になることが少なくありません。ここで無理をしてしまうと、転職活動中に「燃え尽き症候群」に襲われる可能性さえあるのです。

転職面接後に「お祈りメール」が着てしまったら、まずは自分に「お疲れさま」とねぎらってあげるようにしましょう。頭の中をリセットするために、好きな食事を取ってみたり、お風呂やサウナでゆっくりと身体を癒したりするのも効果的です。

著者

都内で保育士をしています。

最初に勤めていた保育園が本当にブラックで、一時期「保育園恐怖症」のような感じになっていました。1人でも、自分のような保育士さんがへりますように・・・たくさんある後悔のなかから、「こうすればよかった」と思えることをご紹介していきます。

明日の仕事も楽しみだな、早く子どもたちに会いたいな、そう思える保育士生活にしていきましょう!

まとめ


とはいえ、人間ですから、落ち込んでしまうのはしかたありません。

この失敗を引きずらないように、次の保育園に応募する前には、リフレッシュして新たな気持ちで臨むことを心がけましょう。

次回は、引き続き面接におちたときにやっておきたい「とっておきの方法」 をご紹介いたします。

2016年7月16日土曜日

うつ予防!保育士がストレスを感じたときの対処法



前回は、保育士さんがストレスを受けやすい場面についてご紹介いたしました。

ストレスを受け続けていると、うつ病の発症率がどんどん高まっていきます。

私も「こんなの皆経験していること」と思って我慢していたら、症状がどんどん悪化して、治りにくくなってしまっていました。。

今日も疲れたなあ、明日保育園いきたくないなあと思っている保育士さんは特に、鬱を予防するためにうつ病についての知識と対処法を見てみてくださいね。




鬱病の症状と対処の仕方


保育士の抱える鬱病になりそうな5つのストレスをあげてみましたが、多かれ少なかれストレスを避けることができにくい環境ではありますね。

ストレスがいくつか重なると、鬱症状として出てきますから、くれぐれも注意して欲しいのです。

次に特徴的な鬱症状をあげてみます。


1. 眠れない、眠りが浅い


眠れない夜が何日も続いたら要注意です。不眠はあらゆる心身の不調を招きますし意欲も減退します。

眠れる環境を整えても難しいなら、心療内科で睡眠導入剤をもらって一時的に服薬して、ぐっすり眠ることが必要になるかも知れません。眠るだけで、心身の不調が回復することがあるものです。



2. 身体の不調が続く


食欲がない、朝出勤しようとしたら頭痛がする、腹痛がする、倦怠感で身体がだるいなど、いままでになかった不調が続くようなら鬱症状かも知れません。



3. 精神的に不安定になる


好きだった趣味が楽しめなくなる、友人に誘われても出かけたくない、何をやっても集中できずおもしろくない、将来のことが心配になる、気分の浮き沈みが激しい、時々胸がしめつけられるような不安感におそわれるなど、精神的に不安定になるのも鬱症状の特徴です。



鬱症状があると思ったら


自分が鬱症状にあると思ったら、ストレスの原因を見きわめて改善できるものなら改善する、発散できるストレスなら思いっきり発散することをしてみる、それでも続くようなら鬱病になる前に心療内科を受診してくださいね。


鬱病になる人は、真面目で責任感が強く頑張り屋の傾向があるといいます。保育士はそういった性格を持っている人が多いですよね。
 

でも性格だけとは限りません。ストレスで緊張状態が長く続くと心が耐えられなくなり、誰でも鬱病になる可能性はあるのです。
 

心が弱いわけでも甘えているわけでもないのです。


病状によっては退職したり求職したりして、ゆっくりと心身を休めることが必要になるかも知れませんね。


仕事から離れることを「負けた」「逃げた」などと思ってはいけません。


自分を責めてしまうことは、鬱病の症状のひとつでもありますから、ますます病状を重くします。自分を守ること、大切にすること、甘やかすことを考えていいのです。

今は休んでいても、回復すればいくらでも取り戻すことはできますからね。



著者

都内で保育士をしています。

最初に勤めていた保育園が本当にブラックで、一時期「保育園恐怖症」のような感じになっていました。1人でも、自分のような保育士さんがへりますように・・・たくさんある後悔のなかから、「こうすればよかった」と思えることをご紹介していきます。

明日の仕事も楽しみだな、早く子どもたちに会いたいな、そう思える保育士生活にしていきましょう!

まとめ


子どもの命をあずかる責任、人間関係、低賃金、長時間労働、あらためて保育士はストレスの多い仕事だと感じます。
 

勤めている保育園の人間関係にストレスを受け鬱症状があるなら、信頼できる誰かに相談してみることも必要ですね。


鬱症状になっている時は、自分が悪いと自分だけを責めて追い込んでしまいがちですが、あきらかなパワハラだと分かれば視野が広がり、ここだけが世界じゃないことに気づくでしょう。


職場の人間関係から離れることで、鬱症状が改善してしまうことも多いのですから。